スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小舟ものがたり

2005.10.18.20:17

木の葉の舟で揺れながら

あの娘の住む町まで 川下り

朝の木洩れ陽が差す空に

愛しい名前 浮かべた


誰も知らない 恋の灯火

今 水面を滑りゆく


木の葉の先に 止まった蝶々

少し お話をしようか

君は恋を知ってるかい?

それは水色で とても美しいものさ


誰も知らない 風の唄声 

いつか あの娘に届けたい
スポンサーサイト

導くもの

2005.10.11.00:35

久しぶりに交わす会話は いつかの波音だった

ずっと ずっと前から わたしに打ち寄せてきたもの

気付かぬ振りもしてきたけれど


帰り道はどしゃ降りの雨だった

車の窓を流れる雨粒

しばらく見とれて 目を閉じた

心が動きだす 

波音がリフレイン


目を開けたら 雨の向こうに夕焼けが見えた

とてもきれい

忘れたものは 確かにあった

繋がる道が ここにあった

未だ光り続ける想いだけが この先を知る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。