スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れのとき

2006.04.22.18:34

大切だったのに

そのままが 良かったのに


胸が泣いている 

やるせなさに とても耐えられなくて

胸が泣いている


氷が融かされていく

変わらなくても 良かったのに

氷が融けてしまう

もうお別れだよ さよなら

だけどわたしは 忘れない

いつか何処かで 出会える気がする


宇宙へ 光の庭へ 最後の旅に出よう












スポンサーサイト

たまごの想い

2006.04.18.18:48

わたしも あなたも みんな卵

今か今かと 飛び出す時を待っている

それを見ている人たちは 何が生まれて来るやらと

それぞれの思いを 託したりしている


わたしや あなたが 殻を破り

飛び出す時は きっと人生の幕開け

そこから始まるお話は 誰も知らない遠い夢

何処へ行っても 冒険だけが待っている


美しい四季と 見え隠れの月を連れて行けば

口笛を吹くだけで 唯一無二の世界


わたしも あなたも 君も 彼女も

みんな みんな 行く先は同じさ

夜のまぼろし

2006.04.16.21:19

寝転んで 窓の黒い色に

時が戻って 夏の夜

風は吹かずとも 揺れる風鈴

遠い街に馳せる この想いは

夜に任せて 何処まで飛んで行くのやら


無くした唄は 未だ鳴り響く

わたしは 未だ泣き止まずに

明日を思って 震えている

だけど 誰かが待っているのなら

微笑み浮かべているのなら


起き上がり 目を開けて

夜明けを待たずに 歩く道










蒼い草の誘惑

2006.04.03.19:35

手を叩いて 招いているよ

こっちへおいで こっちへおいで


雨が降る前に ここから逃げなきゃ

黒い雲は 悲しい気持ちを連れてくるから

そうなる前に 走り抜けてしまおう


手を叩いて 呼んでいるよ

こっちを向いて 笑って見せて


わたしの腕に 飛び込んだら最後

蒼い草を巻きつけて 守ってあげる

雨から逃げて こっちへおいで

わたしの心臓 見せてあげるよ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。